新着情報

◆2017/10/04
白髪染めの影響の情報を更新しました。
◆2016/03/01
リンク集の情報を更新しました。
◆2015/09/30
白髪染めをやめるには「ぼかし」が有効を新規投稿しました。
◆2015/09/18
爪についた白髪染めを簡単に落とす身近なものを新規投稿しました。
◆2015/07/10
プライバシーポリシーを新規投稿しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

白髪は抜かずに対応する

若いときから白髪に気が付く人もいると思いますが、その時はそれほど多くは無いでしょう。
ですが次第に白髪の本数が増えてくると、どうにかしたいと悩むようになる人も多いのです。

たまに白髪を見かける程度であれば、その時に抜いてしまう人もいるでしょう。
逆に抜くと増えるという話もありますから、白髪を見かけてもそのままにしておいて、抜かない人もいるのです。

白髪をそのままにしておくよりは、根元から切るなどの方法がいいのでしょうが、それでは本数が多くなったときに対応できなくなってしまいます。

女性でも更年期などに白髪が増えてくる人はいるでしょうし、白髪染めを考えて見るのもいいかもしれません。
ただ、白髪の数が少ないときには、白髪染めではなく切って対応した方がいいかもしれません。

白髪染めを利用すると頭皮に刺激を与えることにもなりますし、それがダメージとなって薄毛やさらに白髪が増える原因になるかもしれません。

そういった影響が出ないように、白髪染めを利用する時には、刺激の少ない商品を選んで使うようにしましょう。

白髪を減らす為には、栄養バランスなども考えた方がいいので、必要ならばサプリメントを飲むのもいいかもしれません。

それでも白髪が増えてしまった場合には、刺激の少ない白髪染めを利用して、見た目の若さを保ってはどうでしょうか。

▲PAGE TOP